| 

税理士の仕事(2)

企業への勤務は、その企業に発生する税務関係を処理する社員としての勤務となります。この場合の待遇は社員としてのものに準じますので、どの企業に就職するかが収入を大きく左右するでしょう。基本的にその企業の税務処理をすることになりますので、自分で営業して仕事を撮ってきたりする必要はありません。

もちろん、自分で仕事のやり方を決めたりもできないのですが、全体に低リスク、安定型の業態になります。このパターンにおいては、「税理士資格が就職・転職のプラスに成る」ぐらいの認識でいたほうが無難でしょう。税理士資格をアピールして就職したとしても、必ず税務処理の業務につくとは言えませんし、企業の規模や業種によっては税理士としての仕事以外もすることになるでしょう。

ただ、全国に企業は数限りなく存在していますので、独立するパターンや税理士法人に務めるパターンより、就職そのものは明らかにしやすいと言えます。税理士資格はとったけれど、独立する準備も整っていないし、そもそも税理士に専念するかも決まっていないような場合は、大体が資格をアピールした上で企業に就職することとなるでしょう。

なお、すべてのパターンに言えることですが、税に関する法律は常に変化しており、極端な例では1年存続しない税制というものもありえます。そのため、税理士資格を取得した後も勉強し続ける必要があることを忘れないほうが良いでしょう。






高層ビルの中などにでも保険販売を窓口相談形式で行う保険の店舗が多く見かけられるようになってきたようです。いろいろな規模のいろいろな種類の保険代理店がショップの大規模展開をしています。保険や入院保険の見立ては大変な作業です。このような保険のショップ。保険ショップで無料の保険相談をFPが引き受けてくれます。-