| 

行政書士の仕事(1)

行政書士の仕事は、官公署(警察など)、行政機関(役所や保健所など)への手続き書類の作成、提出手続き代行が主なものとなります。俗な言い方をすれば「代書屋」などと呼ばれることもあるようです。

行政書士の業務は独占業務と非独占業務部分に分かれ、官公署への提出書類作成、権利義務に関する書類作成、実地調査の図面類の作成を報酬を受けて行うのが独占業務になります。その書類を役所に提出して手続き代行を行うのは非独占業務にあたります。実際、自動車関連の手続きなどは自動車業者が代行して行っていたりしますので、これはわかりやすい例でしょう。

ただ、実際は代行作成してもらった書類をまた受け取って、自分で時間を空けて不慣れな手続きをするよりは、行政書士に任せてしまったほうが楽で安心だからと、書類作成から申請までの流れ全部を委任してしまうことが多いようです。

職業資格としての行政書士資格は、「あると選択肢が増えるが、それ自体が収入を保証してくれるわけではない」といったレベルの資格です。

取得すれば食えなくなることがない看護師などもありますので、行政書士はそれに比べればあくまで前提条件というものを超えるものではありません。そのため、実際に行政書士の仕事で生計を立てていこうと思えば、重要なのはお仕事を取ってくる「営業力」だということになります。

行政書士には、行政書士資格を活かして就職というパターンが存在しません。






安易な予想はせず、予見を捨てて学資保険のことを考えましょう。どんな学校を選ぶのかで保険も変わるでしょう。その見積りを落ち着いて考えて見比べて意思決定しましょう。それが大切です。-