| 

一級建築士の仕事(2)

一級建築士の業務形態は大きく分けて2つにわかれます。ひとつは独立の建築事務所を構えて、企業や個人から設計の仕事を請け負うというパターン。もう一つが、企業内設計士として建設業者やゼネコン、工務店に勤務するというパターンです。

事務所を構えて独立して仕事をするというパターンは、言うまでもなく広いコネクションとしっかりした経営センス、立ち上げの初期費用を必要とします。大体の場合、これらを兼ね備えた事務所以外は採算を取れずに消えて行くのが普通です。

ただ、仕事ぶりが評価されて固定客、固定ファンなどが付いたりすれば自分で仕事の値段を決められる分、高収入への可能性を秘めていると言えます。組織の中で窮屈な思いをしなくて良いというのも多くの人が憧れる部分でしょう。

ゼネコン、工務店、建築会社などに勤務するパターンでは、収入はあくまでも企業との雇用条件に準じます。一級建築士ということで手当がついたりすることもありますが、基本はその会社の標準的な給与に準ずると言えます。ただ、いわゆる営業力や経営に関する苦労は無いので、淡々と設計や施工管理の業務をこなして安定した収入を得たい人におすすめの方向です。この段階で実力とコネクションをつけて、独立へのステップとする例も多く見られます。

バブルの頃に比べれば勢いを失ったと言われる建築業界ですが、やはり社会の基本となる業界でもありますので、その最上位に近い一級建築士資格が、転職や就職、求職に有利であることは間違いないでしょう。また、無いとソン話にならないという場合もあるので、建築関係で仕事しながら、ステップアップや信用増加のために取得を目指す場合も多いようです。






かなり長い間保険料を払ってきた生命保険や医療保険をよく考え直すにあたって後悔しないためにポイントを置かないといけないことは告知義務違反をしないかをとことん検討し考えることです。通院を続けていて医師から指摘を受けていたりそんな状況での生命保険見直しを見直すには告知義務も検討しましょう。-