| 

一級建築士の仕事(1)

さまざまな建築物、住居設備の設計と、設計が法律や強度の条件をちゃんと満たしているかの確認などを行うのが建築士の業務です。現在の法律では、構造、材料で条件が変わりますが、ある程度の大きさ以上の建築物や、更に大きい建築物の設備に関しては、一級建築士もしくは設備設計一級建築士の構造・法適合チェックが必要だとされています。このため、ビルやマンションなどの設計・建築には欠かせない存在だと言えます。

この建築士には一級と二級、そして、「木造建築士」「構造設計一級建築士」「設備設計一級建築士」などの区分が有ります。これらは国家資格であり、名称独占資格ですが、ごく小規模な建築を趣味で行うならともかく、建築設計を行って仕事としようと思えば、対応した資格を取得していることが必須となります。

高さ13m(おおよそ4階分)の建築物、もしくは延べ床面積が300平方メートルを超える鉄筋コンクリート、コンクリート、石造り、レンガ造りの建物を設計するには一級建築士でなければなりませんし、それ以下の建物に関しても一級建築士は範囲として包含した上位資格です。

マンション・ビルなどの設計はほとんどすべてが一級建築士によるものでしょう。このため、建築設計・施工管理で建築事務所などを開こうと思えば、一級建築士資格が必須と言って問題ないでしょう。






気がつけば有利で便利な生命保険に団体生命保険と言う保険には注目です。グループ扱いの保険や給料天引きの保険もあります。会社や団体などがその従業員や団体構成員などに定期要する保険です。団体保険ないしはグループ保険と呼ばれます。税金などと同様に給料から控除されます。保険料は安く設定されています。みじめに生命保険に向き合うのなら団体保険を勤務先でチェックしましょう。-