| 

社会保険労務士の仕事(2)

簡単にいえば、企業をお客さんにして、企業の社会保険関係や労働保険関係の種類作成・手続き代行をすると言えます。すなわち、如何に企業から良い条件でお仕事をもらってくるかが焦点になるわけです。

社会保険労務士の業務内容そのものは、極端に成果の質が分かれるものではありませんから、後は如何に素早く正確にこなすかの差になります。そういった意味では、このルートで求められるのはコネクションが一番かもしれません。

二つ目が、ハローワークや年金相談所などで勤務して仕事をするパターンです。行政協力という形を含むこともありますが、あくまで行政協力はスポット的なものなので、収入源としてアテにして良いものでは無いようです。

実質、公務員として勤務することになりますので、給与などの条件もそれに準じます。むしろ、すでに公務員の人が業務に必要ということで社労士資格を取得する場合が多いでしょう。

三つ目が、企業に勤務する「勤務社労士」のパターンです。これは、開業社労士と明確な区別があり、勤務社労士は所属している企業団体に関してのみ社労士業務を行うことができるという事になっています。この場合は、その企業の会社員としての給与+資格手当という形になるでしょう。業務内容は開業の場合と同じですが、自分で仕事を取ってくる必要はありません。






生命保険等の保険をどんな知り合いに相談しますか。後悔しないように解決するためには検討しておけば思っているよりもうまくいきます。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPをなのってコンサルティングをする営業マンも目立ちます。そのコンサルティング能力次第でどんな生命保険のプランになるかが決まります。ファイナンシャルプランナーFPと生命保険を考えましょう。いいファイナンシャルプランナー・FPに合えればいいのですが。-