| 

社会保険労務士の仕事(1)

社会保険労務士とは、労働基準法などの労働関連法規、社会保障関連法規に基づいて各種手続き、書類作成を行い、企業に対して指導や相談を行う職業です。

もう少し具体的な例を挙げると、企業と顧問契約(アドバイザー)を結んだ上で、労災や傷病保険の手続きを行なったり、雇用保険の手続きを行なったり、賃金・企業年金・退職金の体制構築、管理などの業務と、行政協力としてハローワークや年金相談所で勤務し、雇用保険の給付に関わる手続きや年金に関する手続き、相談などが有ります。

この他、個人から職場環境・労働環境に関する相談を受けたり、企業の社員に対するメンタルヘルス活動なども業務としてあげられるでしょう。有り体に要約すれば、労働環境や賃金、社会保険・雇用保険・労務災害保険、年金に関する手続きや書類作成を依頼する、またはその改善に関して相談する相手だと言えるでしょう。

士業の資格の中でも比較的取得が容易で、かつ意外と働き口があるので、就職・転職を考えている人が、就職先として社労士を考え、資格取得に挑戦する例が多いようです。

社会保険労務士が仕事する勤務先としてはおおよそ3つが考えられます。

まず一つ目が独立の事務所を構えて業務を行うパターンです。事務所を構えるための費用が必要になることや、自分のコネクションで仕事を取ってこなければいけないことなど大変な点も多いのですが、報酬や条件を自分で決められる分、軌道に乗れば最も充実した仕事で最も高い年収が得られる可能性のあるルートです。

このパターンでの主な業務は、企業と顧問契約を結んで、社会保険関連・労働保険の加入手続き・支払い手続き、厚生年金の基礎額算定届けの書類作成と届出代行、企業内就業規則などに関するアドバイス・コンサルタントとなります。






ガン保険を知っている人は多いでしょう。生命保険会社損害保険会社各社が発売する保険商品でガンを原因として病院で手術や入院等したときに給付金が保険会社から支給されるものです。入院や手術の経費についてその保険をするための保険です。ガン保険についてみてみましょう。-