| 

土地家屋調査士の仕事(2)

土地家屋調査士が必要とされる機会としては、土地売買や新築の家を建てた際、一つの土地を分割する場合などがあります。

土地の境界杭がなかったり、境界線がはっきりしていない場合などは、土地の売買を行う際にトラブルになることが多いので、土地家屋調査士が測量、境界立会などを行なって土地の境界や面積をはっきりさせ、境界確定図をつくります。更に、新しく家を建てた際は、完成から1ヶ月以内で建物表題登記をしなければならないので、土地家屋調査士の出番となります。そして、土地を一部だけ売却する場合など土地をいくつかに分割する際は、測量を行い境界線を決めて登記する必要があるからです。

土地家屋調査士は、まず資格試験に合格し土地家屋士会に入会することで仕事をスタートさせることができます。事務所を立ち作って上げていきなり開業といっても、ノウハウも人脈もないので、ほとんどの場合は土地家屋調査士や司法書士などの事務所に就職して経験を積み、人脈をという作ってから独立するというパターンが多いようです。

また、転職する場合はまず事務所で補助者として働きながら資格取得を目指し、資格が取れてから独立するという人がほとんどです。更に、土地家屋調査士は不動産の登記や測量を行う仕事なので、測量士や司法書士との関連性も深く、これらの資格を有していると仕事の幅も広がるので、様々な資格も併せ持っている人も多いようです。また、他の資格をと持っている人と共同で事務所を構え、業務展開を行うというケースも増えています。






生命保険での保険通販を使いましょう。心配がないような生命保険ばかりでなく医療保険ををプランニングするのはすぐにできるようなことではありませんが、よくで考えよく比較しどのくらいの保障が必要か考えることです。そう考えて通販で保険に入ります。何とかなるものかもしれません。保険料の引き下げには所得保障保険が見直されています。通販の保険も検討します。-