| 

土地家屋調査士の仕事(1)

土地家屋調査士というと、国家資格としては実に60年以上もの歴史がありますが、一般的にはあまりなじみがないと思っている人も多いかもしれませんね。土地家屋調査士は、簡単に言うと土地や家屋に関する調査や測量などを行い、登記申請などを行う仕事です。登記手続きというと司法書士の仕事では?と思われがちですが、登記の中でも司法書士が行うのは移転登記など土地家屋の権利に関する登記です。

それに対し、土地家屋調査士は、どこにどのような土地があるのかという土地の所在や地番、地積(土地の面積)やどこにどのような建物があるのかという家屋の所在や種類、構造などを調べて所有者の代わりに、所有する土地や家屋の外観がどのような状態であるかをはっきりさせるための登記を行います。つまり、登記の元となる表題部の登記は土地家屋調査士が、表題部の登記に基く権利関係の登記は司法書士が行うという訳です。

更に、土地の測量と言うと測量士の仕事では?と思われがちですよね。たしかに測量士も実際に測定して、土地の大きさや境界などを調べる仕事であるという点では共通していますが。しかし、測量士は測量法に基づいて官公署の依頼を受けて仕事をするのに対し、土地家屋調査士は土地家屋調査士法に基づき、表示に関する登記手続を行うための測量を行い、官公署以外にも企業や個人などが仕事を依頼するという点で異なります。






簡単に決め込むことのないようにして保険をどうするかの検討を見てみましょう。住宅ローンやまた年齢そして収入によって必要な保障はは変わって当然なのです。保険の解決はこのような考え方に立つこともポイントです。そこに保険対策があります。ちゃんと考えて保険のことを決めましょう。それが重要です。ほ保険ショップブランドです。保険の見直しをしてもらえます。-