| 

不動産鑑定士の仕事(2)

更に、鑑定評価業務を行う上で身についた専門知識やスキルなどを元にして、不動産運営に関する相談に乗ったり、運営管理をサポートするといった不動産コンサルティングなども行います。具体的には不動産の有効活用や、建物の建て替え、土地開発関連サポートなども請け負います。
最近では企業間でCRE(企業不動産)戦略が注目されており、企業不動産の評価や効率的な投資を推し進めたいと考えている企業が増えており、こういったCRE戦略を成功させるためにも、不動産鑑定士の更なる活躍が期待されています。また、

不動産分野や相続、賃料などに不動産に関連する紛争も増えており、裁判以外の場で穏便に効率よく解決するという形が望ましいと言われており、こういった紛争解決も不動産鑑定士の大きな役割と一つだとも言われています。このように不動産鑑定士の仕事は実に幅広く、今後も様々な場面で活躍していくと予想されます

不動産鑑定士になるには、資格試験に合格して資格を取得しなければなりません。資格を取得すれば、不動産会社や不動産鑑定士事務所、国土交通省や財務省、都道府県、市町村など地方自治体の土地開発部門などに就職して、活躍する人がほとんどです。

また、不動産は融資の際の担保として用いられることが多いので、銀行などの金融機関でも活躍できます。更に、大きな商社の場合は不動産を所有していることが多く、取引の際に用いられることもあるので、不動産鑑定士は必要とされています。

そして、証券会社などにおいても不動産の証券化の関係で、不動産鑑定士の専門知識が欠かせないため重宝がられます。このように不動産鑑定士の活躍の場は多岐に渡り、様々な業務との関係が深いことがよくわかります。他の資格と同様、企業や官公庁などで経験を積んで、いずれば独立開業するという人も多く、顧客が付けば独立しても十分仕事として成り立つ職業ではあります。






保険ショップでは生命保険等の保険を事前に考えていれば心配するほどではありません。家族の生命保険コンサル問題についてどう考えますか。どんな立場の保険マンに相談をするのでしょうか。商店街などの路面店に保険見直し本舗が一般化しています。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーと自称する営業マンもいます。-