| 

不動産鑑定士の仕事(1)

不動産鑑定士は、弁護士などと並ぶ知名度、希少価値の高い国家資格の一つとして知られています。不動産鑑定士は、不動産を調べてその価値を決める鑑定評価業務を主な仕事としていますが、不動産関連のコンサルティングなど様々な業務も担っています。

鑑定評価業務は、まず依頼人と打ち合わせをし処理計画を作成し、実際に現場に赴いて実地調査を行い、鑑定評価を決定して書類を作成するという流れで行われます。鑑定評価業務は、公的評価と民間評価の大きく2つに分けられます。

公的評価というのは、国や都道府県、自治体や裁判所からの依頼を受けて、地価公示や相続税路線価の評価、固定資産税の評価などを行います。そして民間評価というのは、企業や個人からの依頼をを受けて相続財産の評価や不動産の担保評価などを行います。

具体的には、不動産の売買時や不動産の適正価格や、店舗やマンションなどの賃料の鑑定評価、金融機関による資金融資の際の担保評価、不動産の証券化や抵当証券を発行するため鑑定評価などが挙げられます。






生命保険や医療保険親の老後資金まで考えての保険のことを学びましょう。不明なことがたくさんあるでしょう。生命保険や医療保険そして年金保険や所得補償保険そして一時払いの貯蓄のための保険と複雑なものです。まず最初には保険マンモスでの相談を検討しましょう。-