| 

弁理士の仕事(1)

弁理士という資格名は知られていても、実際にどんな仕事をしているのかはあまりよく知らないという人が多いのではないでしょうか?

弁理士は、無形のものを保護する権利である知的財産権の取得手続きや、権利関係におけるトラブルの解消が主な仕事です。知的財産権には色々な権利がありますが、よく知られているのが特許権です。

新しく商品を発明した場合は、他の人が自分のアイデアをマネして商品化しないために、その発明に関する権利を独占しておく必要がありますが、特許権はこういった新発明品に対し、社会的に有用なものであると判断されると与えられます。

弁理士は、まず発明対象の技術内容を理解して、既に登録されている権利でないかどうかを調べたり、当該技術は将来的にどのくらいの有効性があるかなどを判断し、内容を説明した明細書や図面などを作り、願書と共に特許庁へ出願手続きを行います。

他にも、特許を得ている商品であっても、新しい発想により大幅に改善されたものに与えられる実用新案権や、工業的に大量生産が可能である工業デザインを保護するための意匠権や、企業名やサービス名などの文字やロゴ、屋号といった商品特有の表示を保護する商標権も、弁理士が取得する知的財産権の一つです。

更に、書籍や音楽、映画などの公表権や複製権などを作った人の権利を保護する著作権や、植物の苗や種などの品種を保護する育成権なども知的財産権に含まれます。






 保険の意義は、リスクを考えることです。悩ましい問題です。JA共済など、保険ばかりでなく共済種類は驚くほど複雑です。それぞれ全く違う保障内容と言うのも当たり前です。色々な種類の共済を比較検討する-