| 

公認会計士の仕事(2)

更に、税理士として登録をし、税理士会に入会すれば税理士として税務業務を行うこともできます。税務というのは具体的に、企業に対する税務指導や申告、企業立て直しの際の税務処理や財政調査、税務相談を受けたり、法人税や贈与税などの税務申告の代理などを行います。

他にも経営コンサルティングとしては、会社の経営戦略などの相談業務や、情報、生産システムの開発や導入に関するサポート、組織再編や環境に関する助言、知的財産権などの評価、システムの監査や資金管理など幅広い業務を担います。

このように会社が現状を維持しつつ、将来的に利益があがったり、損失が出ないように様々な助言を行うわけです。

公認会計士になるにはどうしたらよいか?ですが、まずは公認会計士としての資格を取得しなければなりません。資格取得後に、晴れて仕事をスタートさせることができます。個人の事務所や大手監査法人に就職したり、一般企業の会計、税務部門で仕事をするなど活躍の場は広がっています。事務所や企業などで数年経験を積み、実績を上げてから個人で事務所を構えるという人もいます。

公認会計士は国家資格であり、社会的認知度も高く難しい資格として知られているので、取得すれば就職にも転職にも有利だと言われています。更に、公認会計士になれば行政書士や税理士の仕事もできるので、仕事の幅が広がり独立しても様々な仕事を請け負うことができるので成功しやすいとも言われています。

その反面、会計や経営などに関し高度なスキルや知識が必要とされ続けるので、仕事しながらも日々勉強を続けていかなければなりません。しかし、仕事で実績を積むと顧客からの信用を得たり、新たな顧客を紹介してもらって業務拡大も図れるなどやりがいのある仕事だと言えます。






ラジオCMなどで生命保険の保険通販が多く見かけられるようになってきたようです。いろいろな規模のいろいろな種類の保険代理店がインターネットでの保険や入院保険でどうぞ。ネット生保で保険比較はもう当たりまえ。それが保険選びのキモです。-