| 

公認会計士の仕事(1)

公認会計士とは、会計に関する調査や経営コンサルティング、第三者的な立場から決算書の適正化の監査などが主な仕事内容となる会計業務のスペシャリストです。

中でも、監査業務は公認会計士だけに認められた独占業務であり、具体的には企業などが作った損益計算書や貸借対照表等の財務諸表に誤りがないか、実際の経営状態と合わない部分はないか、不正はないかをチェックする仕事です。

例えば、債権者が企業に融資を行うか否かを決める際、企業の経営状態を見て判断するのでこの監査業務はなくてはならない業務の一つとなっています。

公認会計士は会社と利害関係のない、公平な第三者的な立場であるので、適正な判断ができるというわけです。監査業務には、法律の規定によって義務とされている法定監査とそれ以外の監査があります。

法定監査は、会社法に基づく監査や信用金庫、信用組合、保険相互会社、国や地方公共団体から補助金を受けている学校法人、国立大学法人などの監査など、企業から学校法人、自治体など幅広い場所での監査を対象としています。それ以外の監査というのは、医療法人や社会福祉法人、宗教法人などがあります。






じぶんがいいと思った保険の評判はどう伝わっているでしょう。保険そのものを検討するに際して誰に相談しますか。生命保険で納得するには何のために入る生命保険かをしっかりと考え続けることです。かんぽ保険の評判は気にしないのでしょうか。苦労する問題です。-