| 

司法書士の仕事(2)

また、訴額は140万円以下の簡易裁判所における裁判業務も行えるようになりましたが、この業務を行うためには法律で定められた研修を受け、法務大臣の認定を受けなければなりません。

他にも外国人の帰化申請の手続きなど、法務局や検察庁への提出書類の作成や手続きもサポートします。司法書士試験に合格して資格を得ると、まずは日本司法書士会連合会における司法書士名簿に登録されることで、初めて司法書士としての仕事を始められます。登録には2万5000円程度の登録料が必要となります。

すぐにでも独立して開業できますが、現実的には資格取得後にすぐ独立するというのは実務経験も顧客もないので無理です。

資格を取得したら、まずは司法書士事務所や法律系の事務所、司法書士法人などに就職して何年か実務経験を積んでから、独立開業するという人がほとんどで、他に就職先としては、企業の法務部門に勤めるという人もいます。司法書士はとても希少な資格であり、全国各地に司法書士を募集している事務所や企業も増えているので、求人も多く比較的就職しやすいと言えます。

また、就職する前に日本司法書士連合会に登録すると、同会が主催する新人研修をうけることもできます。新人研修は、司法書士に必要な実務能力を養うことができるし、全国の新人司法書士が集まるので知り合いになれるよい機会にもなるので、是非とも受けておきたいところです。






医療保険やガン保険、そして生命保険は自分が契約している保険すら分からないほど複雑です。でも保険はそもそも何で必要なのかと考えます。ネット生保のコマーシャルも増えています。さて病気も事故も突然やってきます。入院手術もあります。そして事故にあってしまい命を落としてしまうこともあります。自分にとってどのような保障が必要なのか。ここが生命保険を考える上でのキモとなるところです。ネクスティア生命はインターネット生保です。-