| 

弁護士の仕事(2)

そして、示談がうまくいかない場合は調停の申し立てをしたり、調停も決裂すると訴訟を提起したりします。他にも、企業に関しては、会社設立や合併などに関し、適切な法的指導を行なったり、必要な書面を作成するといった業務も請負います。

また、遺言書の作成や自己破産、民事再生といった債務整理なども行います。そして、弁護士会などから依頼があれば、講演や講義を行うこともあります。このように、弁護士といっても、裁判で弁護するという活動だけではなく、書類を作成したり、当事者同士の間に入って意見を調整するなど様々な仕事を担っているのがよくわかります。

弁護士の活躍の場としては、司法試験に合格し修習期間を経てから、弁護士事務所に所属して活動を始めるといったケースがほとんどです。

弁護士事務所といっても、個人事務所もあれば数十人の弁護士が所属する大手の事務所もあるなど規模も色々あるし、民事事件のみを扱うところや、民事も刑事も扱うところ、企業法務を専門にするところなど得意とする分野も事務所によって様々なので、自分が進みたい分野を専門に取り扱っている事務所を探して就職するという人が多いようです。

また、企業における社員としてその企業専属の弁護士になり、契約内容のチェックや契約書の作成、、紛争の解決といった仕事を行う法務部門で活躍するという弁護士も増えています。弁護士事務所や企業である程度経験を積み、人脈もできたころを見計らって独立開業するという人も多く、個人で事務所を構えるのは経済的にも難しいので、他の弁護士と共同で事務所を持つというケースもあります。

また、かなり専門性が高いので他の仕事からの転職は難しいですが、挑戦して成功している人もいるので頑張り次第だと言えます。






社会人として当たり前の生活をしていく上で迷わずにやらないといけないことはかなりいろいろ沢山とあります。保険比較はその一つです。結構苦労することです。保険比較を専門家にしてもらいましょう。保険に入ることを安易に取り組まないことです。保険会社の人に保険の分析をしてもらうのも-